伊藤産婦人科医院伊藤産婦人科医院

ピル外来

初めてのピルも安心
学生割引きを行っております。詳しくはお問い合わせください。

当院では、経口避妊薬(OC:低用量ピル)を積極的に処方しています。OCは安全・安心でメリットがたくさんあるお薬です。
「ピルは怖い!太る!ガンになる!」なんてことは迷信で、ヨーロッパでは50~80%の女性がOCを使用しています。
もっと多くの女性に正しいOCの知識を知ってもらい、日常生活をより一層快適に過ごすお手伝いができればと思っております。
また、OCは望まない妊娠から自分を守る為の、確実で安全性の高い、避妊ができるお薬です。
ピル外来では、ピルについての説明や服用のアドバイスを行い、安心して服用できるようご説明いたします。

低用量ピルのメリット

子宮内膜症の治療
初期の子宮内膜症の治療薬としての効果が期待できます。
生理開始日を
自分で調整ができる
学生さんは受験などの大切な時期や学校の修学旅行にいく際そんな時に生理がくると辛いですよね
ピルは月経周期を調整できるので生理開始日を早めたり、遅くしたりすることができます。
PMS(月経前症候群)・PMDD(月経前不快気分障害)の治療になる
ホルモンバランスを整えることができるので、PMSやPMDDの治療ができます。
生理痛の緩和
月経期間の短縮・月経量の減少・月経痛・月経不順・月経にまつわる不快な症状の改善にも使用されています。
ニキビの改善
ホルモンのバランスが整い、ニキビ・多毛症を改善します。
確実で安全な避妊方法
99.8%以上のほぼ確実な避妊効果があります。
女性特有の病気・ガンの予防
子宮体ガン・卵巣ガン・大腸ガンの予防が報告されています。
乳房に対する効果
乳腺症の改善・良性腫瘍の発生を抑制します。

最近の研究では乳ガンの発生は増加しません!

気になる副作用

  • 服用開始ごろに軽度の吐き気や頭痛が起きることがあります。
  • 乳房が張ることがあります。
  • 不正出血が起きることがあります。

これらの症状は2~3ヵ月すると落ち着いてきますが、いつでもご相談ください。

重大な副作用

血管の中で血液が固まってしまい血液が流れなくなる血栓症にかかる可能性があるのが危険な副作用と考えられています。しかし非常にまれな副作用です。

血栓症発症リスク
  • OC服用していない人では10,000人に対して1~5名
  • OCを服用している人では10,000に対して3~9名
  • 妊娠中は5~20人、分娩後1ヵ月以内の発症が多く、12週間以内の発症頻度は10,000人に対して40~65人

ですからOC服用者による血栓症の発症は決して多いとは言えません。

ピルの費用

当院では、安心な価格で低用量ピルを提供しております。
また、学生さん専門学生さんの金銭的負担が少なくなるよう学生割引を行っています。来院の際には学生証をご持参ください。

通常料金(税別) 学生料金(税別)
トリキュラー28 2,200円
アンジュ 2,200円
ラベルフィーユ 2,000円 1,250円(対象:学生証所有者)
マーベロン28 2,400円
ファボワール 2,000円 1,250円(対象:学生証所有者)

ジェネリックです。開発にかかる期間が新薬と比べて短い分、費用がお安くなります。

その他、保険適用ピルもございます。

初診費用
初診料+OC1シート=2,000円+お薬代(学割りの方は3,600円です)
再診費用
0円

※ピル服用の方は年に1回定期検診、保険診察による子宮頚がん・性病検査を受けていただきます。

クラミジア検査保険適用
10代~20代前半1,570円(税別)
子宮頚がん検査保険適用
20代後半~1,500円(税別)

生理日調整

旅行やおでかけなどで一時的に生理日を調整したい場合、ピルを1シートを購入していただく以外にも1錠からご用意できます。もし、ご予定日が決まっていて、お悩みの方はご相談ください。

費 用
診察料:2,800円+薬剤料:50円/錠(税別)

緊急避妊薬

緊急避妊薬(アフターピル)について

「避妊をしなかった」「コンドームを付け忘れた」「ゴムが外れた・破れた」「中だしをされた」など避妊に失敗してしまった時、望まない妊娠を避けるために役立つのが緊急避妊薬(アフターピル)です。
性交後72時間以内に緊急避妊ピル(レボノルゲストレル)を1回飲むだけで、80%は望まない妊娠を避けることが出来ます。

費 用
7,000円(税別)
  • 健康保険はききません。
  • 効果は80%。(緊急避妊ピル服用後、次の月経までセックスを避ければ、効果は90%とも)
  • 副作用はほとんどなし。
  • 性交後3週間ほどで必ず、妊娠検査薬で妊娠していないことを確認すること。

リング

IUD(ノバT)

IUD(ノバT)とは避妊の目的で子宮内に装着する小さな器具の事です。

仕様
5年で交換
費用
35,000円(税別)(IUD挿入)

IUS(ミレーナ)

リング型の子宮内避妊器具の内の1つで、「ミレーナ」と製品名で呼ばれることもあります。
黄体ホルモン付きの避妊リングです。子宮内膜の増殖を抑えることで、月経量の減少、月経痛を緩和する効果が期待できます。もちろん避妊効果もあります。「月経困難症」「月経過多」などの診断の場合に保険適用となります。

仕様
5年で交換
費用保険適用
11,130円(税別)(ミレーナ挿入)

人工妊娠中絶

その妊娠は、本当に望んでいた妊娠でしょうか?
パートナーは本当にあなたのことを大切に思ってくれていますか?
周囲から考えを惑わせるような雑音が聞こえ悩んでいませんか?
予定外の妊娠は、女性の心とからだに大きな負担をかけます。
産む選択であれ、産まない選択であれ、自分のこれからの人生のプランを中心に考え、自分で決定してほしいと願っています。人生のプランを考えるためのお手伝いをします。

世の中には100%の避妊法はないのですから、望まない妊娠や中絶を選択した自分を責める必要はありません。当院での中絶手術は安全に、またできるだけ痛くなく、を心がけています。

当院は女性の強い味方でありたい!お困りの事がございましたら、未成年の方でもなんでもご相談ください。協力いたします

初診料
10,000円(税別)(超音波検査+クラミジア検査+血液検査)
手術料
90,000円(税別)(手術前日の処置を含む)
術後診察料
3,000円(税別)
  • 手術では、前日子宮の入り口を柔らかくする器具を入れ、身体に負担のかからない吸引法で行います。
  • 手術の開始は午前8:30~もしくは午後15:30~で行い、15分程度で終了します。
  • 術後、2時間程度横になって休んでいただきます。異常なければ帰宅していただきます。
  • 麻酔の影響によりふらつくことがございますので、自動車、自転車、バイクでの来院はお断りしています。
  • 付きそいの方は特に必要ありません。
  • 次の日より普通の生活がおくれます。
  • 手術後にはカウンセリング、今後の妊娠や避妊法また身体や心の健康相談も行っております。

性感染症

セックスおよびそれに準ずる行為(キス、オーラルセックスなど)によって感染する病気のことを、性感染症と呼びます。
病気の原因になる菌やウイルスは性器の周辺、精液、腟分泌物、血液などにいてセックスなどによって感染します。
性器による性交だけでなく、オーラルセックス、ディープキスなどによっても感染します。
ほとんどの性感染症には自覚症状がありません。
知らない間に感染していて、相手にうつしているという怖い状況があります。
性行為経験があれば誰もが性感染症の可能性があります。何か思い当たる事があれば早急に受診しましょう。

費用保険適用
2,270円(税別)(クラミジア・淋菌)

子宮がん検査

子宮頚がんはほとんど自覚症状がありません。
子宮頚がんはセックスにより感染するヒトパピローマウイルス(HPV)が原因の大半となっております。ありふれたウィルスで、セックスの経験があれば一生に一度は感染すると言われております。
子宮の出口を綿棒やブラシでこすり、子宮頸部の細胞を直接採取して顕微鏡で正常か異常か判断いたします。子宮頚がん検診は性交渉の経験がある女性は検査しましょう。

当院での子宮頚がん検査は決して痛い検査ではありません。ご安心ください。

検査費 超音波検査追加費(税別)
尼崎市民の方 1,500円 +1,500円
保険診療 1,970円 +1,590円

子宮頚がんワクチン

子宮頚がんは20~30代の女性で増加しており、年間10,000人がかかり、3,000人が死亡しております。
治った場合でも子宮の摘出が必要だったり、治療の影響で妊娠や出産が難しくなることもあります。
子宮頚がんの原因は、性交渉によって感染するヒトパピローマウイルス(HPV)です。
国は2013年4月から定期接種となり、中学1年から高校1年まで定期接種の対象年齢公費助成を受け無料で接種することが出来ます。

費用
一般1回15,000円×3回=45,000円(税別)
中学1年~高校1年0円
接種回数
間隔を開けて3回接種

しかし、副反応報道が過熱しワクチン接種に対する不安が増大、ワクチン接種を受けない方が増加しました。
どうしようか悩んでいる方は一度ご相談ください。
正しい情報をを提供いたします。その上で判断ください。

ワクチン・ウイルス検査

ワクチン費用

インフルエンザワクチン
2,500円(税別)
麻疹風疹混合ワクチン
7,500円(税別)

ウイルス検査費

風疹抗体検査
2,372円(税別)
麻疹抗体検査
2,372円(税別)
風疹・麻疹抗体検査
3,005円(税別)
HPV検査
5,000円(税別)

更年期の健康相談

 

女性はライフステージごとに女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が大きく変化します。
特に、分泌量が急激に減少する更年期(45~55歳)は心身にさまざまな症状が現れることが有り、これらを更年期症状とよびます。

顔がほてったり、異常に汗をかいたり、意味もなくイライラしたり、落ち込んでしまうことはありませんか?このほかにも「なんだか調子が悪い」と感じる症状はエストロゲンの欠乏による可能性があります。

資格をもった助産師が担当します。
メノポーズカウンセラー 助産師の妹尾真紀がゆっくり、丁寧にお話を伺います。安心してご相談ください。

更年期から増えてくる病気

更年期を迎えると、エストロゲンの急激な低下に伴い脂質異常症や動脈硬化などの生活習慣病や、骨粗しょう症などのリスクが高くなります。
また更年期以降はさまざまな病気のリスクがより一層高くなるので、定期的に健康診断を受けることをお勧めします。

身体の状態を把握するために、下記に挙げられた症状をチェックしてみましょう。

簡略更年期指数(SMI)

症状 症状の程度(点数)
1顔がほてる 10 6 3 0
2汗をかきやすい 10 6 3 0
3腰や手足が冷えやすい 14 9 5 0
4息切れ、動機がする 12 8 4 0
5寝つきが悪い、または眠りが浅い 14 9 5 0
6怒りやすく、すぐイライラする 12 8 4 0
7くよくよしたり、憂うつになることがある 7 5 3 0
8頭痛、めまい、吐き気がよくある 7 5 3 0
9疲れやすい 7 4 2 0
10肩こり、腰痛、手足の痛みがある 7 5 3 0
11トイレが近い、尿もれがある 10 6 3 0
12膣や尿道がヒリヒリする、性交痛がある 10 6 3 0
SMIの自己評価表

簡略更年期指数でチェックした1~12の合計点数に当てはまる項目をご確認ください。

  • 0~25点
    まだ症状は比較的軽いほうですね。
  • 26~50点
    食事や運動に気を付け、無理をしないようにしましょう。
  • 51~70点
    外来で、生活指導のカウンセリング、薬物療法を受けた方がよいでしょう。
  • 71~90点
    長期(6ヵ月以上)の治療が必要です。
  • 91点以上
    各科の精密検査を受けることをお勧めします。

このチェックリストは更年期障害かどうかを確かめる目安です。他にも気になる症状があれば、まず一度ご相談ください。